新型コロナウイルス

新型コロナで東京旅行や国内旅行はどうするべき?修学旅行は大丈夫なのかと実施状況も!

投稿日:2020年2月23日 更新日:

新型コロナウイルスによる肺炎が中国の武漢で発症し、中国を中心に世界各国で感染者および死者も増えています。

日本国内でも新型コロナウイルス陽性患者が増加しており、「中国からの観光客が多い関東でも…」と不安が頭をよぎりますね。

感染のリスクに対する不安が高まる中、現在の関東への旅行に関する情報や観光地で実施されている対策情報をまとめてみたのでご覧ください。

日本で新型コロナウイルス感染者が急激に増加!

日本国内で新型コロナウイルスの感染者が30例を超え、旅客クルーズ船ダイアモンドプリンセス号での大規模検疫を実施してからは感染者数が急激に増加しています。

「新型コロナウイルスの感染者が増加」の話題が毎日トップニュースで取り上げられていると、日常生活を普段通りに過ごすだけでも不安が募ってしまいますね

東京都での新型コロナウイルス感染の状況は?

現在の東京に中国人観光客はいるのか?

関東の中でも訪問数、宿泊者数、外国人観光案内所、おもてなし事業者登録件数、免税店舗数において全国第1位の東京都!

海外、特にアジア圏からの観光客も多いですね!

中国で新型コロナウイルスが猛威を振るい始めてから
各クルーズ船会社も様々な対応がなされています。

Twitterでは「普通に観光している中国人が多い」と不安な声も!

↓ 厚生労働省が湖北省・浙江省での滞在歴およびこの地域での発行のパスポートを持っている外国人への対応 ↓

感染地域からの入国を適切に管理するべきではないでしょうか。

当面の間、14日以内に湖北省または浙江省における滞在歴がある外国人、湖北省または浙江省発行の中国旅券を所持する外国人については、特段の事情がない限り、症状の有無にかかわらず、その入国を拒否しています。この措置は、今後の進展によって弾力的に見直す可能性があります。

引用:厚生労働省ホームページ 新型コロナウイルス感染症について「新型コロナウイルスに関するQ&A」より

日本への入国の規制はかかっている状況ですが、

Twitterをみていると、
現在でも観光施設や大型商業施設では、
アジア圏からの観光客は見受けられるようです。

↓↓今すぐマスクを購入したい方はこちらをクリック‼

東京都内での新型コロナウイルスの感染状況は?

厚生労働省の報告によると2020年2月13日現在までに、

東京都で「新型コロナウイルスに関連した発症者」も出ています。

都内在住のタクシー運転手であるため、多方面へのウイルス感染が懸念されています。

中国・武漢への渡航歴が無い人の感染が目立ってきています。

自分の身を守るためには、
日常生活における感染症対策の心がけが大切なのかもしれませんね!

関連記事
横浜で新型コロナウイルス感染者に対応する病院・医療機関はどこ?

新型コロナウイルスの記事一覧はこちら!

新型コロナウイルス感染拡大で2020年2月・3月の東京旅行は大丈夫?


現在、日本では空港や港を経由する観光客に
検疫の強化や入国拒否などの規制をかけて対応されていますが、
武漢からのチャーター機での帰国者や
横浜港で足止めされている大型クルーズ船の旅客から
多くの新型コロナウイルス感染者が確認されています。

そこで、不安に考えてしまうのは、
「この状況で東京旅行へ行っても大丈夫なの?」
ということではないでしょうか!

残念ながら厚生労働省から感染者の詳細な行動歴は公開されていないため
自分自身で予防対策をして身を守るしかないといえるかもしれません。

2月の国内旅行や東京ツアー旅行の状況は?

大手旅行会社のホームページで今後のツアーの予定を確認したところ、

中国、香港、マカオを目的地とするツアーの催行を中止を決定していたり、

添乗員ならびにツアー受付担当者等は原則としてマスクを着用することのほか、
手洗い・うがいの励行と、体調管理の徹底することを発表している旅行会社が多いです。

国内旅行の変更に関しては特に発表がなかったので、旅行会社は予定通りに行われるようですね!

まだまだツアー商品もたくさん紹介されています!

2月の東京の修学旅行の状況は?

2月に入ってからも、国内からの中高生の修学旅行は予定通りに実施されています。

中高生の修学旅行は通常通り行われています。

修学旅行生も一般的な衛生予防対策は喚起されていると思いますし、

マスクが足りない状況も同じ環境にいます。

↓↓今すぐマスクを購入したい方はこちらをクリック‼

東京旅行へ行っても大丈夫

これまでに、
中国からの航空便に規制がかかったり、
海外からの大型船の寄港に制限がかかったり、
キャンセルが相次ぐなど、
東京都内への外国人観光客数はかなり減っている状況で、観光経済にも大きな影響が出ている状況となっています。

しかし、外国人観光客全てがキャンセルになっているのかというと
そうでもないです。


ですから、アジア圏からももちろん、多くの外国人や中高生の修学旅行生が都内を訪れている状況であることは心得て行動しましょう!


人混みが多い所へ出かけることは躊躇してしまいますが、

各地でコロナウイルス感染者が出ているからと言って

「すぐに旅行はキャンセルしなきゃ!!!」

と考えずに、


「感染リスクの高くない観光地巡りはできないかな~?」

と考えて計画を立て直してみるのも良いのではないでしょうか?


普段から一緒に過ごしている家族や友達との旅行は楽しみですもん♪


今の状況では、普段の状態よりも観光施設や出かける先には普段より人ごみは少ない状況なのでしっかりと感染対策をして楽しむことを考えてみても良いかもしれませんね!

その際はマスクや消毒に気を払い、レンタカーを借りて不特定多数の人との団体行動を避けるなど考慮した計画を立てての行動を心掛けた方が良いと思います!

「大丈夫!!」という確信情報がありませんが、

東京旅行を決行することは本当に迷うところなのですが…

でも、この状況は国内の主要都市やこれまでに国内で新型コロナウイルス感染者が確認されている地域で過ごすリスクと同等ではないかと考えられます。

関連記事

横浜の新型コロナウイルス感染者はどこの病院に入院しているのか?

感染症予防対策に便利なおすすめグッズを紹介!

【新型コロナウイルスコロナウイルス】の関連記事一覧はこちら!

【東京都】新型コロナウイルスの感染リスクは?

現在、東京都民や東京行きの予定がある皆さんが気になっていることは現在の東京での新型コロナウイルスの感染リスクの高さだと思います。

厚生労働省が発表する新型コロナウイルス感染者で
都内在住の人は少ないですが、横浜や埼玉、千葉など関東圏内のを中心に感染者の確認がされており、近隣病院で治療を受けているということなので、

観光客が多い、東京都で過ごすことに不安を感じるかもしれません!

「○○をしていれば大丈夫!」
という確実な対策方法がないため不安な日々は続きますが、

厚生労働省が推奨している一般的な衛生予防方法を心掛けて過ごしていたいものですね!

厚生労働省が推奨する一般衛生予防の方法とは?

東京都でインフルエンザ「流行注意報発出中」?

東京都感染情報センターの情報を確認してみると、

1月末~2月初旬にかけて東京都の15の地域でインフルエンザが「流行注意報レベル」であると注意喚起されていました!

新型コロナウイルスの感染情報も気になりますが、
身近に潜むインフルエンザウイルスにも気になるところです!

現在は自分や家族の
マスク着用・手洗い・うがいの感染症予防対策を心がけ、

インフルエンザと新型コロナウイルスから身を守るよう心掛けた行動をしましょう!

日々の情報を確認しながら、楽しい東京旅ができることを願っています♪

関連記事

横浜の新型コロナウイルス感染者はどこの病院に入院しているのか?

感染症予防対策に便利なおすすめグッズを紹介!

【新型コロナウイルスコロナウイルス】の関連記事一覧はこちら

↓↓今すぐマスクを購入したい方はこちらをクリック‼

-新型コロナウイルス

Copyright© ふとキニナル.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.